Cto 協会。 日本CTOフォーラム

日本CTO協会、「DX Criteria(基準)」第一弾を公開!2つのDX推進に向けて各社が無料で自己診断できるように|一般社団法人日本CTO協会のプレスリリース

CTOとの交流を通じて、実践的な戦略立案のプロセスを学ぶ 2. この時点において、経営的意思決定とチームの意思決定は一致するため、高速でイノベーティブな事業開発が望めます。 活動期間 毎年6月〜翌年3月 主な活動 本フォーラムは以下の活動から構成します。 「そもそもDXの度合いを測る具体的な基準がないので、現場で使えるものを提供していきたい。

もっと

日本CTO協会、CTOの会員数500名を突破!他社CTOと交流や組織の相談がしたいという期待が7割|一般社団法人日本CTO協会のプレスリリース

com CTO 松本勇気氏• 異業種の企業に信頼できる友を得る 本フォーラムでは、上記の3つの達成目標を掲げ、その実現をめざします。 経産省やIPA、直近では経団連の方にもDX Criteriaを参考にしていただいていて、さまざまな施策が実施されています。

もっと

日本CTO協会がデジタル庁創設に提言 本質的なDX実現に向けた5項目:EnterpriseZine(エンタープライズジン)

このような「見えない」技術的な投資や組織文化に対して、ひとつひとつ実施していき役割が企業において必要になります。 参加対象 1. しかし、日本では、技術の最高責任者として明確に位置づけられたCTOは大手製造業でも1割程度であり、そのミッションもまだまだ明確なものとはいえません。 超高速な仮説検証能力を得るために必要な取り組みが「2つのDX」だという。 本フォーラムの趣旨に鑑み予めご登録いただければ、正規の参加メンバーに準ずる方(役員クラス)に限り、代理参加者(代理メンバー)の参加を可能とします。 企業の壁を超えたCTOのコラボレーションからどのようなものが生まれていくのか、CTO協会の今後の活動に注目だ。

もっと

CTO(最高技術責任者)とは

本当のDX実現のために何が必要なのか。 から登録会員の再登録をお願いします。

もっと

2020年はもう1つのDXに注目、システム開発の常識を変える「開発者体験」とは

現実的な制約の中で、一定のグラデーションを持ちます。 しかし、環境変化に対してスキルやナレッジを学ぶことができる場があれば、歴代のCTOが失敗してきたのと同じ轍を踏まずに済むはずです。 もう1回は少し方向性を変えて、より多くの人とコミュニケーションを取り、ボトムアップで学べるようなイベントにしたいです。 2つのうち片方が欠けていても、事業の改善速度は悪化していく傾向があります。

もっと