川辺 川 ダム 民主党。 【川辺川ダム計画の今 中止表明から10年】インタビュー記事(1)~(6)

熊本水害、治水は万全だったのか 民主党政権が「川辺川ダム」の計画中止 専門家「ダムによる治水必要だった」 (1/2ページ)

13日前の8月29日に徳田正臣相良村長が行った反対表明、さらに9月2日の田中信孝人吉市長=いずれも当時=の白紙撤回表明である。 元の治水計画の 工期は45年~200年、工費は2800憶円~1兆2000億円です。 また参加する農家も川辺川ダム事業費の増大によって負担額が増大、これに疑問を呈する農家も次第に現れてきた。 支流は傾斜が急で川幅も狭く、短時間で水位が上昇する。 こうした人吉市・相良村の姿勢は従来「ダム推進」で一本化していた球磨川流域自治体の動向にも影響を与えた。 どうも、中止するのにお金がかからないと考えていたようで、マニフェストでもその分を他の政策の財源に当て込んでいました。

もっと

川辺川ダム「地元の判断なら、あり」 中止表明から11年、前原氏語る|【西日本新聞ニュース】

- 2008年9月11日付電子版• 事業中止による影響 [ ] 一方で、生活再建に関する補償法や特措法の国会での成立は、前原大臣による事業中止直後から度々延期が繰り返されてきた。 立野ダム建設をめぐっては、民主党政権時代に検証対象ダムの1つとされ、2年ほど建設がストップしたことがありました。 その後、水利権更新が困難になり、環境省や国交省から支援を受けて撤去した。

もっと

熊本県球磨川反乱。民主党政権時代に川辺川ダム建設中止。治水の難しさ。

この時点で、ダムの目的でもある下流の流量を減らして洪水を防ぐ、という役割は果たせなくなる。 市町村からは『遊水地をつくると優良農地が失われる』といったさまざまな意見をいただいている。 死者行方不明者14名、家屋の全半壊146戸、床上浸水1,614戸の被害を出した。 双方の問題点 [ ] こうした議論などにおいて双方の問題点も浮き彫りになった。 当時、 前原国土交通大臣が川辺川ダム中止を表明し、その後、鳩山由紀夫元首相、後の馬淵澄夫国交大臣も同様の中止の表明をしている。 そうした立場から見ると、八ッ場ダム・川辺川ダムの建設中止には、どうしても合点がいかなかったので、『』(光文社、2010年5月)の他、建設中止の非合理性をいくつかの論考で書いた。

もっと

なぜ、民主党は川辺川ダムと八ッ場ダムの中止に固執しているのですか?

このように当初は多目的ダムとして計画が進められていたが、後述する諸々の事情によって現在は洪水調節と不特定利水を目的とする治水ダムに 目的が事実上縮小されている。

もっと

川辺川ダム

これ以後、五木村は(現:)との交渉を拒絶し、建設省関係者の立ち入りも一切拒んだ。 「堤防や地下遊水地については別の見解もあるが、住民の声が届かなくなっているのは事実。 球磨川本流は球磨郡から河口までの区間が国土交通省直轄管理区間である。

もっと

【熊本洪水】民主党による川辺川ダム建設中止で起こった熊本県・球磨川の氾濫。「川辺川の鮎を守れ!』『ダムが水害を起こす!』その結果がこのありさま…

建設省河川局監修・全国河川総合開発促進期成同盟会編『日本の多目的ダム』1972年版(山海堂、)• 参考文献 [ ]• 皮肉にも「民主党政権が一時凍結したからこそ、(試験運用中で)ダムに貯水できた」という言い方もあり得る。 白川の治水対策の歴史を見ると、加藤清正の時代に改修が行われたが、明治以降、大規模な改修が行われることはなかった。 そもそも治水とは、流域住民の生命・財産を守ることを目的としています。 2008年9月11日は忘れられない日になった。

もっと

川辺川ダム「地元の判断なら、あり」 中止表明から11年、前原氏語る(西日本新聞)

前線は5日にかけて西日本から東日本に停滞するほか、東シナ海にも低気圧があり、引き続き西日本を中心に、広い範囲で大雨に見舞われる恐れがある。 知事は白紙撤回表明で「民意」という言葉を使い、過去、現在、そして未来の視点に立った重要性を説いたが、その民意は上流から下流へとつながっていた。 規模や水没戸数が川辺川ダムと同等以上で、施工時期が同時期であった石川県の手取川ダムは、川辺川ダムと同時期の(昭和42年)に計画が発表されたが、完成したのは(昭和54年)である。

もっと

1966年、旧建設省が川辺川ダム計画を発表 しかし民主党政権の前原誠司国土交通相が計画中止を表明

住民に喜んでもらえたと思う。 五木ダムは川辺川ダムと連携して事業を行うという建前から川辺川ダムとは異なり、事業が一切進捗していない。 (昭和61年)には水特法に伴う水源地域の指定及び水源整備計画の告示が行われ、コミュニティ維持を図るための代替地建設が開始され、頭地部落は水没予定地から山腹へそのまま集落を移転させる方式で整備が開始された。 蒲島郁夫知事は球磨川氾濫後、 「ダムによらない治水を極限まで検討したい」「私が知事である限りはそういう方向でやっていく」と発言していたが、後に、 「今回の災害対応を国や流域市町村と検証し、どういう治水対策をやっていくべきか、新しいダムのあり方についても考える」と方針返還を匂わせる発言をしていた。 または「慢性的に水害の被害を受けており、対策としてはダムによる水位低下しかない」として人吉市などに反発。 立野ダムの建設が継続したのは、穴あきダムで環境負荷が少ないことだけでなく、熊本市をはじめすべての流域自治体が建設推進の立場だったからです。

もっと