危害 予防 規程。 高圧ガス保安法における危害予防規定とは何ですか?具体的にどうい...

大阪市:事業所の皆さまへ~南海トラフ地震に係る防災対策について~ (産業・ビジネス>消防・防災)

関係規則• 津波からの円滑な避難の確保に関する事項・・・津波に関する情報伝達方法,避難場所,避難経路,その他必要な対策,応急対策の実施要員の確保,その他業種別に定めるべき事項• 八 従業者に対する当該危害予防規程の周知方法及び当該危害予防規程に違反した者に対する措置に関すること。 これを変更したときも、 同様とする。

もっと

大阪市:事業所の皆さまへ~南海トラフ地震に係る防災対策について~ (産業・ビジネス>消防・防災)

) ・ 火災が発生した場合の周囲への延焼拡大危険性(給油取扱所では防火塀等の措置が講じられている。 (規「定」ではなく規「程」です。

もっと

大阪市:高圧ガス製造事業所の皆様へ~危害予防規程への「大規模地震の防災・減災対策」及び「津波浸水対策」の追加について~ (産業・ビジネス>消防・防災)

公布日・施行日・届出期限 ・公布日:平成30年11月14日 ・施行日:令和元年9月1日 ・届出期限:令和2年8月31日まで 2. 津波による被害を受けた製造施設の保安確保の方法 (注1)津波浸水想定区域及び津波浸水想定深さは大阪府が公表しています。 ミスター高圧ガスと申します。 6 静電気対策 ・ ガソリン等の第4類第1石油類を取り扱う場合は、危険物容器(ドラム本体、詰め替え容器)だけでなく、給油に使用するドラムポンプ等のアースも確保し、確実に静電気を逃がすこと。 例外は無い 第一種製造者は その従業者に対して 保安教育計画を定めなければなりません。 さらに、震災時においては、給油場所での給油希望者の行列などによる多数の利用者の集中が考えられる。 関連情報 ・ ・ ・ ・ ・. 六 製造施設が危険な状態となつたときの措置及びその訓練方法に関すること。 1冊購入することをオススメします。

もっと

高圧ガスの危害予防規程と保安教育計画

(注3)津波浸水想定が1m(車両に固定した容器(いわゆるローリー車)にあっては、2m)を超える第一種製造者は、この項目について策定する必要があります。

もっと

高圧ガスの危害予防規程と保安教育計画

追加項目(策定例) 「大規模な地震に係る防災・減災対策に関すること」の追加が必要です。 以下「政令」という。 事業者の皆様へ 南海トラフ地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法が平成25年12月27日に施行され, 広島県津波浸水想定図における浸水深30cm以上の区域内で,病院,百貨店等,不特定多数の者が出入りする施設又は事業等を管理・運営する者は, あらかじめ津波からの円滑な避難の確保に関する事項などを定めた「南海トラフ地震防災対策計画(以下「対策計画」という。 石油類,火薬類,高圧ガス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・その他政令で定めるものの製造,貯蔵,処理又は取扱いを行う施設• 危害予防規程 危害予防規程とは 第一種製造者が 事故災害の予防に関して自分で制定するルールのことです。 高圧ガス保安法に係る第一種製造者については,危害予防規程を策定し届け出る必要があります。 液化石油ガス保安規則担当 043-223-2729 提出部数 2部. なお第二種製造者は 危害予防規程を制定しなくても良いことになっています。 ・ 第4類第1石油類以外の危険物を貯蔵及び取扱いを行う場合であっても、可能な限り静電気対策を行うこと。

もっと

福岡市 【高圧ガス保安法】危害予防規程の変更について

5 火気使用の制限 保有空地を含め、危険物の貯蔵及び取扱いを行う場所での火気使用を禁止すること。 注 3 津波浸水想定が 1m (車両に固定した容器(いわゆるローリー車)にあっては、 2m )を超え る第一種製造者 は、 この項目について策定する必要があります。 ・ 吸着マット等危険物の流出時の応急資機材を準備しておくこと。 また、屋内で取り扱う場合にあっても、可燃性蒸気が滞留しないよう換気に注意すること。 また、静電誘導による帯電を防止するために、危険物の貯蔵及び取扱いを行う場所には可能な限り金属類を置かず、どうしても必要な場合には当該金属類も確実にアース又はボンディング(導体同士を電線で接続すること)を確保すること。

もっと