Psycho pass かがり。 縢ハザード (やってらんねえよ)とは【ピクシブ百科事典】

PSYCHO

第9話では、「地獄の季節」を黙認して富を得、さらに密入国者たちを自身のサイコパス保全のために家畜として弄んでいた国交省の役人たちを、鹿矛囲と諮ってシビュラシステム打倒のための会合と称して集めて抹殺する。

もっと

消滅都市で『PSYCHO

かつては同志と呼べるテレーザ、アウマ、仁世の三人とともに開国運動を続け�. シビュラシステムが導入されて以降、前代未聞の密入国事件に常守朱は公安局刑事課一係を率いて出動し、対峙する。 2期の時点では、朱にシビュラシステムの端末ユニットと知られているため、二人だけのときには機密にも踏み込んだ会話を交わしているが、雰囲気は険悪なものになっている。 捜査において公安局のセオリーからは外れた選択をすることもある朱には反感を抱き、その独自の判断基準を理解できず、監視官として問題があると見なしてたびたび反発し、結果的に妨害してしまうことになる言動を取ることがある。

もっと

縢ハザード (やってらんねえよ)とは【ピクシブ百科事典】

小畑千夜(おばた ちよ) 声 - 11thインスペクター。 これを行っている最中は急激にサイコパスが悪化するほか、死者の意識をトレースしている場合、その死の状況まで再現してしまいかねない危険を伴う。 そんな中、信仰特区新設説明会で自爆テロが発生。 しかしあくまでも人生をプレイヤーとして愉しむことにこだわり、禾生の義体ごと藤間の脳を破壊して 逃亡する。 2034年2月19日生まれで、東大医学部脳神経医学科卒業後、OW製薬代表取締役となった。

もっと

【PSYCHO

その他 [ ] 舩原ゆき(ふなはら ゆき) 声 - 1期に登場した朱の女友達。 1話の事件で人質の姿のホログラムとして登場した解体業者の 染水槇(しみず まき)は「冷徹や冷酷」、4話のメディカルセンター薬剤師の 大津亮平(おおつ きょうへい)は「悲しみ」、5-6話の国防省プログラマーの 荻野沙月(おぎの さつき)は「怒りと狂気」、公安局の公認カウンセラーの 向島陸(むこうじま りく)は「安らぎ」、他にも最終話に登場した養護職員の 蔵戸咲良(くらと さら)は「愛しみ」、弁理士の 内古閑俊二(うちこが しゅんじ)は「罪と恐れ」、消防士の 亘鍋悠(わたなべ ゆう)は「勇気」といった感情や意識を、融合した人格の中で代表していた。 第三期終盤において公安局に潜入、留置所に収監されていた潜在犯を使い公安局ビルを占拠した後、カリナの辞任を要求する。 非番時は自室でを描く。 本来2年期間の医療教育の中で1年時に医師免許を取得するほど優秀であったが、サイコパスの悪化を受け恩師の奨めにより分析官となっている。 その後、一係への取材を終えた六合塚は、突如事故に遭い意識不明に。

もっと

PSYCHO

1期の時点で20歳。

もっと