草加 次郎。 銀座線京橋駅で「草加次郎」と名前が残された手製爆弾が爆発。

ジロー珈琲 草加店

この事件以後、警察庁では大捜査網を敷くが、彼の犯行はなぜかピタリと止まる。 1通目から4通目までは小百合の父親が前の喫茶店まで来るように書かれていたが、犯人は現れなかった。 電話ボックスを利用した1人を負傷させる。 しかし半月後の11月20日、今度は 日比谷の映画館に発火物が置かれるという事件があり、それを拾った女性が左手に全治10日のやけどを負っている。 過去の6通の脅迫状と異なり、を示す絵が入っていた。

もっと

草加次郎事件とは

現場に残された時計の裏蓋には 「次は10日」の文字が読み取れた。 事件から10日後の7月25日、上野警察署に1通の封書が届く。 この他、(当時18歳)や(当時21歳)の自宅住所宛てにも、弾丸を同封した100万円を要求する脅迫状が届いていたことが判明。 この他、(当時18歳)や(当時21歳)の自宅住所宛てにも、弾丸を同封した100万円を要求する脅迫状が届いていたことが判明。 爆発物から指紋が検出される。

もっと

草加次郎事件

10人が重軽傷。 これまでご迷惑をかけた品物も一部証拠品として送りますぜひ、お受取り下さい」と前文カタカナで書かれていた。 5日の火傷を負った。

もっと

草加次郎事件

それは10日前に上野公園でおでん屋台を片付けていた人が銃撃されて重症を負った事件の銃弾と一致する。 爆弾テロや爆発事件といえば、遠く海外の話のように聞こえるかも知れないが、つい数十年前では日本でも多数の爆弾を用いた無差別殺人事件が発生していたのである。 渋谷・東横デパート爆発脅迫事件の概要 〇1963年7月24日 ・渋谷東横デパートに現金500万円を要求する脅迫電話 ・捜査員が張り込むも指定された現金受け渡し現場に犯人は現れなかった ・西館9階の男子トイレが時限爆弾により爆破されるも怪我人なし 〇1963年8月11日 ・何の予告もなく東館屋上が爆破されるも怪我人はなし 〇1963年8月14日 ・渋谷東横デパートに届いた速達小包が爆発して職員が負傷 ・速達小包には現金を要求する脅迫状も入っていた ・現金受け渡し現場に犯人は現れずに以降は脅迫もストップ 「渋谷・東横デパート爆発脅迫事件」では、犯人は草加次郎を自称していた一方で、脅迫状の筆跡も使用していた爆弾物の構造も違っていたため、模倣犯であることが濃厚となっています。 しかしこれは社会を騒がせることに快感を感じるというタイプの犯罪で、 今までの考えでは理解しにくいタイプの犯罪であった。 999• 指定の受け渡し場所に警察が張りこむも、結局、犯人は現れなかった。 テレビ朝日の番組『』は6月23日の「時空ミステリー」コーナーでこの事件を取り上げた。

もっと