ブギー カフェ。 Boogie cafe Store

これぞ本格派!本牧の老舗ダイナー「BOOGIE CAFE」

新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。 ゴールデンカップスと並ぶ2大ブルース・バンド、パワーハウスの竹村栄司。

もっと

『カッコいいけど気取ってない、本格ダイナーの本牧チャウメン』by SaltyDog : ブギーカフェ (BOOGIE CAFE)

というわけで、今回のキキタビは 『クレイジーケンバンドのホームタウン本牧でアメリカントリップ!』 と題してお送りします。 机と椅子があるので、景色を見ながらゆっくりできます。

もっと

ブギーカフェ

また、本牧・山手には、「」もあります。 『三溪園(さんけいえん)』は横浜市中区にある日本庭園で、実業家で茶人であった原三溪(はらさんけい)によって1906年(明治39年)に公開された庭園です。 展望台まで登るのは大変ですが、景色がかなり綺麗です。 も で構成した編集盤。 日本庭園の美と季節の花々をとことん味わいたい人にはぴったりのスポットです。 いたるところに散りばめられたネオンが当時の味を感じさせます。

もっと

Boogie Cafe(ブギーカフェ)(地図/本牧・山手/カフェ)

私もスタジャンとMA1が気に入ってつい試着しちゃいました 笑 また男性が多いのかと思いきや、女性の方や家族連れで来ている方も多かったです。 どちらもクリスピー生地で薄くてサクサク。

もっと

Boogie Cafe(ブギーカフェ)(地図/本牧・山手/カフェ)

オイラはこれが今一番カッコいい音楽だと思っている」と語る。 パワーハウス解散後、さらにブルース・ロックを極めるべく、フリートウッド・マック、オールマンブラザーズ・バンドなどの影響を受け、その発展形としてパワーハウス・ブルース・バンドは1971年より始まった。 なので当時の本牧は横浜の街と言うより「アメリカの中にある街」というイメージ。 それもそのはず、この本牧通りはかつて両側にフェンスが貼られていて、 多くの米軍住宅が並んでいたそうです。 「本牧チャウメンです、お待たせしました」 この店の本牧チャウメンは、MOONCafeのホノルルチャウメンをベースにしたハワイ風の焼きそばだ。 席数はかなり多く、一人で来ても大勢で来てもゆったりくつろげる広さ。 今でも近辺には多くのアメリカ人、多国籍の人たちが住んでいます。

もっと

ブギーカフェ

どんな場所、お店、人に出会えるか、早速旅のスタートです! 旅のスタート地点は、本牧埠頭の上にある本牧橋。 ちなみに人気のグッズは、Tシャツやトレーナー、マグカップなどだそうです。

もっと

地図 : ブギーカフェ (BOOGIE CAFE)

フードやドリンクの美味しさと 店員さんの気さくさで、毎日賑わってます。 。

もっと

ブログ

これぞブルース・ロックの真髄! ブギーカフェは当時の雰囲気を変わらず今でも味わってもらえるように意識して作られたダイナーなんです! ここに入れば誰でもおしゃれ? 店内の雰囲気はまさに「本格派」と呼ぶにふさわしい徹底的に作りこまれた内層。 ここでゆっくりお茶したりご飯を食べてアメリカン気分を 味わうのもいいなと思いました。 学校の音楽の授業は苦手だったが、陳信輝とバンドをやるようになったティンネイジャーの頃、キンクスの「ユー・リアリー・ガット・ミー」を自分ではうまく歌えたとその気になり、それが今に続いていると語っている。 老舗の輸出入衣料雑貨屋・本牧OZの前も通りましたよ~ ベティーちゃんなどの古着も売っていました 結構歩いていたら、ちょっと小腹が空いてきちゃったし、 何か美味しいものが食べたいな~なんて思っていた私に、 剣さんから次なる指示が!!! 剣さんも若い頃から通っているIG、イタリアンガーデンに行くべし! ここの四角いピザが剣さんオススメということなんですが、 四角いピザ、気になりますね~! 日も暮れてネオンが灯り始めた本牧通りに、 雰囲気のある1軒のダイニングバーを発見! ここが剣さんの言っていたIG(イタリアンガーデン)だ~! 店内は縦に細長く、カウンター席のみ。 そんなアメリカンな雰囲気が残る本牧を 今回はスペシャルなあの方が案内してくれました。 子どもの頃、やせて小さかったのでチーボー 小さな坊や と呼ばれたのがニック・ネームの由来。

もっと

『カッコいいけど気取ってない、本格ダイナーの本牧チャウメン』by SaltyDog : ブギーカフェ (BOOGIE CAFE)

5km、歩いていけるほどの距離にある。 店内には60年代のポスターなどが貼られ雰囲気たっぷり 流れる音楽もガレージロックや6~70年代の洋楽中心。 旧イタリアンガーデンは1952年にオープンしたレストランバー。

もっと