Mac デリート キー。 Mac版Excelで複数のセルを一度に削除

MacBook、Magic KeyboardでDELETEキー代わりになるショートカットキー【ファイル・テキスト削除】

5,480円• Windowsキーボードの一例 Apple Wireless Keyboard 使ったアプリは、Macユーザーならおなじみ「KeyRemap4MacBook」。 そのやり方は、「 control」キーを押しながら「 k」キーを押します。 。 これも最初は困る事です。 「Change Eject Key」の下に英語で注意書きがあるのですが、イジェクトキーは数秒押さないと効かない仕様です。 Excelで複数のセルを一度に消すときは【Del】を使います。

もっと

Macの操作でBackspaceとDeleteを使い分ける方法【Macbook Air】

そのため、キーボード左下の「caps」キーにcommandを割り当てたり()、右クリックで新規ファイル作成できるようアプリを入れたり()しています。

もっと

Mac版Excelで複数のセルを一度に削除

興味がある方はブックマークまたはの登録をお忘れなく。 MacのOS Xは独自のタスクマネージャのようなものがあり、Windowsとは少し違っている。 Mac版のExcelでは複数のセルを選択しても一度に削除できない Excelでは複数のセルを選択して【Del】を押すと、選択した全部のセルの内容が削除されます。 以上、いかがでしたでしょうか。

もっと

【Windows→Mac向け】MacでDeleteしたい!Back SpaceキーとDeleteキー 動き方の違いまとめ|スーログ

これは通常にシャットダウン出来ない場合のみに行う。 起動方法 アプリケーションの強制終了ダイアログを表示させるには以下のコマンドを入力する。 カタカナの「カ(Ka)」で、「 k」だと覚えておくと良いですね。 WindowsのBackspaceがMacにとってはdeleteであり、WindowsのDELETEがMacではforward deleteなのです。

もっと

pinoyrunners.org:MacにはWindowsの「delete」相当が無い! でもこれで解決!

割り当てるにはもちろんどれかのキーを犠牲にしないといけませんね。 fnキーを押しながらdeleteキーを押す• この強制終了ダイアログでは、Windowsのタスクマネージャでも出来る、正常に動作しないアプリケーションなどを終了させることができるものと同じようなものである。 しかし、実行中のアプリケーションやシステム全体のリソース使用状況に関する詳細な情報を確認する場合は、 2つ目である別のアプリケーション「 アクティビティモニタ」を使用する必要がある。 ところがMacには【command】キーとは別に【control】キーが存在しています。 MacPeopleはNewsstandでも配信中 1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!• このリストのチェックボックスにチェックが入っているものは自動的に起動するアプリである。

もっと

Macで前方の文字をDelete(削除)する方法と文字入力時に良く使っているショートカットキー

高速入力にミスは付き物ですが、 この2種類の削除方法を駆使すれば、スムーズに修正できますので、 必ずマスターしておきたいところですね。 ) アクティビティモニタは様々ものが表示されるが、これらのリストに表示される項目は、右クリックして項目を追加することができる。 もしこのショートカットキーが機能しない場合、おそらくMacを強制的に終了させて再起動させる必要があるだろう。 deleteキーとの組み合わせでは、一行分まとめて後方の文字を削除する方法もありました。 ここから、システム起動時に自動的にアプリを起動させるかどうかの管理ができていたわけだが、Mac OS Xのアクティビティモニタにはこの項目がないため、別の方法で行う必要がある。 (デフォルトでは全てのプロセスにチェックが入っている。 ややこしいですね。

もっと