ホンダ スーパー カー。 日本初のスーパーカー!?ホンダが全身全霊を込めて作り上げた名車初代NSXとは

【ホンダ S660 まとめ】“走る楽しさ”を詰め込んだスポーツカー…走りやデザイン、試乗記

ブーム当時の日本では、車の購買層ではない低年齢層へのプロモーションとして、、等の清涼飲料水の王冠の裏に車が描かれていたり、カード型の書籍や(スケールモデル)、、が数多く発売された。 n 評論家の評価は高いが、そういう車はたいてい売れない。 清水さんっぽい文体だと思ったら清水さんだった。 2015年05月23日 18:37• 実に不思議な存在だ。 プロジェクトはテーマを操縦安定性に変えて継続されることになり、CR-Xをベースにした実験車も作られた。 ホンダらしい躍動感が凝縮された、見事な機能美だった。 2015年05月21日 18:40• では、「高・高性能で、特徴的なの」と説明している。

もっと

ホンダが世界に誇るHVスーパーカー、NC1型NSXならではの魅力って何?

1989年2月にはシカゴ・オートショーで「NS-X」 NewSportsCarX として初公開されますが、同じ頃、伝説のF1ドライバー「音速の貴公子」故 アイルトン・セナ氏が鈴鹿サーキットでNSX試作車のステアリングを握ります。

もっと

この「ホンダZ」、見えない部分はスーパーカーなんですよ!【ホンダ偏愛主義vol.12】

つべこべ言ってないで200万用意しろよ。 バブル期の日本におけるスーパーカーブームとその終焉 [ ] 1970年代のスーパーカーブームから10年ほどたった1980年代末、日本は空前のに突入する。 現行ホンダのスポーツカーラインナップは全盛期を彷彿とさせる! 現在販売されているホンダのスポーツカーラインナップは、S660とシビック タイプRです。 2015年05月21日 16:33• 774RR• ABSやトラクションコントロール、SRSエアバッグについても、不必要とする意見が少なくなかったという。

もっと

いよいよ日本上陸!ホンダのスーパーカー新型(2代目)NSXを徹底解説(1/4)

2リッターに拡大されたが、レブリミットは8000rpmに落とされた。 エンジンとトランスミッションの間には薄型モーターが組み込まれており、これはターボエンジン特有のラグ(遅延)を解消するなどに活用されるハイブリッドパワーユニットだ。

もっと

この「ホンダZ」、見えない部分はスーパーカーなんですよ!【ホンダ偏愛主義vol.12】

かつてホンダは圧倒的な技術で勝利を重ねたが、近年は大苦戦している。 2015年05月22日 02:32• 北米アキュラNSXにイエローが追加された。 前者はフェラーリやランボルギーニで、後者はポルシェ・ボクスター系からマツダロードスターまで。 日産 GT-Rや短期間限定販売のレクサス LFAとともに、21世紀に入って登場した国内メーカーのスーパーカーの中でも最新、かつ2017年の日本発売時点では日本車最高額乗用車でもあり、名実ともに日本のスーパースポーツの最高峰に立っています。

もっと

ホンダNSXがパッとしない理由と事情 スーパーカーにしては地味!??

この微妙さ、まさにビミョーだ。 マイチェン前はフロントグリルにメッキが使われていたが、通常、スーパーカーにメッキが使われることはない。 軽とはいえ新型スポーツカーが出たことを素直に喜べよ• 常識にとらわれず、まったく新しいスーパーカーの姿を示したことに価値がある。 ただ、市販車でスポーツカーをラインナップしていたのはSシリーズがあった1970年までで、NSX登場までは空白の期間である。 ・運動性能だけ追求すると、速いかもしれないが卑屈で運転しにくいガマングルマになる。 「NSX」は、ホンダの最高級スポーツカーだ。

もっと