東奥 日報 コロナ。 東奥日報が9月から夕刊を休刊。その理由や背景とは。

東奥日報が9月から夕刊を休刊。その理由や背景とは。

この病院は新型コロナ感染者の受け入れはしていないが、担当者は「もともと利益率が高くない病院運営で、受診控えの影響は大きい。 新型コロナウイルスの感染拡大は、感染者ではない患者のみとりの風景も一変させている。 同病院の事務長は「市内の民間病院はどこも経営が苦しいと聞いている」と述べた。 担当医の特別な配慮で会えたのは余命数日と診断された後のこと。 夕刊休刊後の紙面については、朝刊のページ数を増やし、朝夕刊のメニューを一つにまとめる。

もっと

声優の堀内賢雄、新型コロナ感染 公式サイトで発表「本人に発熱、咳などの症状なし」|ORICON NEWS|Web東奥

当初計画通りの事業の進展が難しい状況となり、市は現状に即した活性化策を再検討する方針。 むつ市の宮下宗一郎市長は感染者ゼロは「たまたまだと思う」と受け止める。 幅広い資金調達手段を提供していきたい」としている。 このうち宿泊施設は、新型コロナの世界的流行を受けて今年3月末に撤退。 新型コロナがいつ収束するか分からない状況で経営は非常に厳しい。 「3年再発しなければ大丈夫」と医者に言われたが、3年目に当たる今年11月まで数カ月というところで再発、1カ月半で力尽きた。 でも、もっと話したかった…」。

もっと

父ともっと話したかった、コロナでみとり制限(東奥日報)

父の書斎には「孫のランドセル用」にコツコツためた五百円玉がうずたかく積まれていた。 先が見えない」と話した。 今後とも何卒よろしくお願いいたします」とし、「現在、本人に発熱、咳などの症状はなく安定しております」と説明している。

もっと

むつ管内、コロナ感染者ゼロ(東奥日報)

よく行くスーパーも感染者が出て臨時休業となった。

もっと

新型コロナウイルス関連情報|Web東奥

リニューアル後のルネスには1階に飲食店8店舗、2階に外国人・個人客向けの簡易宿泊施設が入居していた。 バスやタクシーを広場に停車させ、一帯に人の回遊性を生む計画だったが、弘南鉄道の経営悪化を受け市は多額の事業費を要する広場整備をいったん停止。 20億円は多額だが、契約時点で融資が実行された訳ではない。 「コロナ禍で、できることはやった」と自分に言い聞かせるが、思い出すと胸が苦しくなる。 融資枠があれば経営に安心感が生まれる。 来たのか! かわいいね」と、しっかりした口調で話した。

もっと