種苗 法 改正 案 と は。 種苗法改正案が可決 農家負担増の回避を 適正な運用で附帯決議|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

種苗法「すみやかに改正を」日弁連が求める 反対派の不安は「誤解」と反論(弁護士ドットコム)

食べ物の過剰と不足 日本では暖冬による影響で、白菜やキャベツなどの結球白菜と呼ばれる野菜価格が下落しています。 種苗法改正案のポイント 「種苗法改正案」の内容は、先で紹介した海外流出の問題に関わります。 このため、海外での品種登録に加え、国内法でも登録品種の海外への持ち出しについてきちんと対応できるようにする必要があります。 他品種の栽培は不作のリスクに備えるためだ」という農家の声に、耳を傾けるべきでしょう。 しかし意見募集中の内容に反対意見が届かなければ、実質、国民の了承を得られたことになってしまいます。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 誰に何が売られるのか? 「日本が売られる」、かなりショッキングなタイトルですが、いったい誰に何が売られるのでしょうか。

もっと

種苗法改正案 農家負担の懸念消えぬ:北海道新聞 どうしん電子版

これを防ぐには、育成者権者が登録品種の増殖実態を把握し、種苗の適切な流通管理をできるようにする必要があります。 自家増殖に育成者権の効力が及ぶ植物(野菜・果樹)農林水産省(2019) ではその国際標準とは何を指しているのか?農水省が念頭に置くのは、上述したUPOV条約である。 現在、日本の優良品種の海外での無断栽培が問題となっていますが、現行法では植物の新品種の保護に関する国際条約(UPOV)加盟国であれば登録品種でも持ち出し可能となっています。

もっと

種苗法改正案 衆院農水委で賛成多数で可決

「日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます」 「新型コロナの水面下で、『種苗法』改正が行われようとしています」。 ではなぜ品目リストの対象は急拡大しているのだろうか?農文協が農林水産省に自家増殖禁止の理由を尋ねた所、自家増殖原則禁止が国際標準であり、日本は他国に比べて取り組みが遅れており、今後品目リストを増やしていくだけでなく、これまでの対象であった栄養繁殖の植物だけでなく、種子繁殖の植物も対象にしていくと答えたという。 完璧な自給自足は目指さず、「テキトー」と「いー加減」をモットーにあまり頑張りすぎない、 そんな暮らし方がこの頃なんだか、とてもオモシロイ!と感じています。 新しい品種の権利が侵害され海外に流出するケースがあって権利者を保護するための改正だ、国際競争力を持つ日本の種苗企業に対してその開発力を育てる発想が必要になる、といった意見だ。 以前もで、「水道民営化」と「種子法廃止」「種苗法改定」について、その問題点を指摘しました。

もっと

農作物「自家増殖」制限 取材で浮かんだ農水省「種苗法改正案」説明の「矛盾」

自家増殖の許諾に懸念の声 今回の法改正によって、国に登録された新品種では農家が収穫物から種や苗を採って次の作付けに使う「自家増殖」する場合に開発者の許諾が必要になります。 同時に種苗法は、農家が購入した種や苗を育て、収穫して翌年、再び自分の農地で種苗として使うことは認めています。 でも逆に、小さなちょっとしたことでも、とても幸せに感じられることがあったりします……不思議です。 ただ、マスコミの情報は相変わらずで、納得のいくような報道は見られません。 イチゴは、「とちおとめ」は一般品種で、「あまおう」は登録品種。 海外への持ち出しを防ぎたいのであれば罰則とともにそれを禁止する方が効果的に思えるし、自家採種や自家増殖を禁止しても、登録品種の海外への持ち出しが防げるとは思えません。 UPOV条約・加盟国、農林水産省2019 やや難解なのだが、大川氏によると「UPOV91では、育成者の権利強化を行いつつも自家増殖を認めるかどうかは各国の裁量に任せる」としており、「日本の種苗法においては、原則として農家の自家増殖を認めて、例外的に、自家増殖できない植物のリストを定めて」いるという点だ。

もっと