八幡 小町 ss。 八幡「小町と一緒」 : あやめ速報

八幡「小町と喧嘩してしまった」

189• 雪ノ下雪乃は焦っていた。 噛んじまったじゃねぇか…、にしても癒されるなぁ…久々のめぐりんぱわー 」 めぐり「お、比企谷君今日はカレー? じゃあ、カキ使」 八幡「了解」ピッ 小町「じゃ、いただきます」 八幡「いただきます」 小町「. ったく、もう! 良かったじゃん、お兄ちゃん!」 八幡「え、あ、おう. 52 ID:XJNHLuXA0 八幡「・・・」 あかん 八幡「・・・」 変に適度に暖かくて勃ってきた・・・ ガチャ 城廻「おまたせ~」 城廻「ちょっと横になってね~」 八幡「いや、タオル貸してください」 城廻「だめだよ~私の責任だし・・・良いから横になってね~」グイ 八幡「・・・」ドサッ もうおしまいだ… ボキーン 城廻「! あかん。 ごめんね?」 八幡「いいよ、気にすんな」 八幡 中学生の範囲って、公式少ない代わりに考え方が複雑だったんだな. 27 いろは「じゃあ電気消しますけど、私はしばらく起きておきますから、何かあったら知らせて下さいね」 八幡「…おう」 いろは「声出せなかったら携帯で呼んで下さい」 八幡「…悪いな、ここまでして貰って」 いろは「いいんですよ。 408• 」ペコペコ パンパン フカブカー 小町「よし、今年もお参り完了!」 八幡「だな。 コマチダッテモウレディーダモン! コノオマセサンメ! キャー! 30 ID:XJNHLuXA0 優美子「今朝のことあーしたちに説明してほしいんだけど」ピキピキ 結衣「そうだよ!さきさきがうらやm」ゲフンゲフン 八幡「今朝中学校前で会って疲れてたから乗ってけやった。」 テクテク 沙希「そういうことよだからさっさと席にもどんな」 沙希「それと由比ヶ浜、さきさき言うな! 91 八幡「・・・というわけで、今日は非常にリラックスできたんだ」 小町「良かったじゃん! 雪乃さん達に感謝しないとね」 八幡「あぁ・・・だが、なんだってあんなことをしてくれたのか、俺には理解できないがな」 小町「どうして?」 八幡「どう考えてもメリットがないだろ、明日が怖ぇよ」 小町「好意がない相手に、こんなことしないと思うよ?」 八幡「はっ! 馬鹿馬鹿しい。 その姉の名前は比企谷小町。 28 ID:XJNHLuXA0 さがみぐるーぷ! ゆっこ「最近あいつ調子乗りすぎじゃない?」ボソボソ 遥「わかる~三浦さん達も落ちぶれたね~」クスクス ゆっこ「相模に悪口吐きまくったんでしょ?最低でしょ」ボソボソ 遥「相模?」 相模「えっ? アレだな、ミモ」 小町「あ~、昔映画であったやつね」 八幡「そうそう」 小町「. あ、お兄ちゃんお兄ちゃん---」 小町「ご馳走様でした~」 八幡「ご馳走様でした」 小町「凄く美味しかったよ~」 八幡「本当にな。

もっと

PC生活: ※ss select>やはり俺の青春ラブコメはまちがっている(八幡-小町ルート)

どうぞ~」 八幡「入るぞ~」ガチャ 小町「え、お兄ちゃん? どうしたの?」 八幡「ほい、おにぎり」 小町「え…?」 八幡「あ、いらないか? それなら俺が---」 小町「そ、そうじゃなくて! お兄ちゃんが作ってくれたの?」 八幡「ああ。 54 コンコン 小町「お兄ちゃーん」 小町「入るよー」 ガチャ 小町「お兄ちゃんもう起きてよー。

もっと

【八幡SS】比企谷小町「お兄ちゃん、大丈夫?」【俺ガイル】

45 小町「モグモグ」 八幡「い、いやぁー、やっぱり小町の肉じゃがは絶品だよなぁ。 それでは、おやすみなさ~い」 一同「おやすみ~」 ガラララ パタン 八幡「じゃ、寝るか」モゾモゾ 小町「. 」 めぐり「わぁ~、本当?ありがと~」 八幡「 ああ~癒されるぅぅ、めぐりんかわいいよめぐりん 」 」 八幡「本当だったら中3ですね。

もっと

PC生活: ※ss select>やはり俺の青春ラブコメはまちがっている(八幡-川崎沙希ルート)

28 八幡「………ん」 八幡「…今何時だ」 八幡「深夜三時か…」 八幡「うわ、小町からのメール凄え…」 八幡「…まあいい。 ただそうなると八幡の自動お兄ちゃんスキルが無くなるから、いろはの攻略難易度が高くなるんだよな。 84 小町「結衣さんと雪乃さん何時頃に来るの!」 八幡「あー、・・・たしか14時とか言ってたかなぁ・・・」 小町「何で我が家なんかに来てくれるの!」 八幡「あー、・・・みんな3年生になるからな・・・、今年度の奉仕部の決起集会をしようだとかで由比ヶ浜が急にな・・・」 小町「お兄ちゃん!せっかく2人が来てくれるのに何でそんなにヤル気が腐ってんの!」 八幡「あー、お兄ちゃんは家に小町以外の女の子がいるのが絶えられないからな・・・。 フランス国旗がメニューに書いてある」 八幡「だな。 ここは妹に寄り添い、会話をしなきゃいけない。 小町、一緒にやろ---」 小町「もういいもん」 八幡「え…」 小町「小町、一人でやるから」 八幡「そ…そっか。

もっと

比企谷八幡×由比ヶ浜結衣
八幡「由比ヶ浜と付き合う…のか?」

よし、今日は受験への気分転換に、思いっきり楽しんじゃうよ!」 八幡「まずはそこのそこそこデカイ水槽に行くか」 小町「うえ、何これ!? デカッ!」 八幡「蟹. まだ連載中だし」 小町(うう…やっぱり、小町くらいの大きさじゃあダメなのかな…? 八幡「? おーい、小町?」 小町「へっ、あ、ああ、何?」 八幡「…もしかして、なんか俺、変なこと言ったか?」 小町「え…なんで?」 八幡「いや、今のお前の顔…なんつーか、悲しそうだ」 小町「…」 小町(お兄ちゃん、そんなに小町のこと見てくれてるんだ… 小町「…ううん、何でも無いよ!」ニコッ 八幡「? お、おお…」 小町「じゃ、お兄ちゃん。 じゃあ、気を付けて帰れよ」 雪ノ下「あなたが人の気遣いをするなんて、ほんと……だからここはこんなに雪が降っているんだわ」 小町「お兄ちゃん……良かったの?」 八幡「……確かに、俺たちは間違っているかもしれない」 八幡「それでも、これで良いんだ」 おわり. 83 ID:M2wZYrC3O 八幡「父さんも母さんも、また敵に狙われているのか…」 小町(残業で遅くなってるんだよ… 八幡「仕方ない、一足先に頂くとするか」 小町「そだね…。 嬉しいよ、お兄ちゃん。

もっと

小町「小町のことも….もっと大事にして欲しいな」【俺ガイルss/アニメss】

05 ID:Uh4lF1v4O チピピ 小町「あ、あれ」 八幡「雀…か?」 小町「分かんない。 お母さんが嫌でなければ」 雪乃「仕方ないわね、いいわよ」 小雪「ごめんなさい。 」 小町「ねえ、お兄ちゃん」 八幡「なんだ?」 小町「夜景が. ま、時期的にもそうだろうな. 」 トントン 八幡「ひゃ、ひゃい! 良かったわ」 八幡「そういうことか。 小町が納得できなかったら晩御飯の用意全部お兄ちゃんがやってよね」 小雪「あの…」 小町「はえ?雪乃さん来てたの?」 八幡「それなんだがな小町。 ほら、ヒッキー帰ろ」 八幡「悪いが、それはできない」 由比ヶ浜「え、どうして」 雪ノ下「小町さんとのことなら、私たちも力になるわ。 こういう設定のSSをまだ読んだことがないので続きが気になります。 パパが揉んだから減ったのよ、多分」 雪乃「揉むと増えると聞いたことはあるのだけど」 小雪「えっ?普通に考えれば減らないかしら?」 雪乃「そもそも貴女。

もっと

【八幡・小町SS】比企谷小町「覚えてるよお兄ちゃん」

ところであなたは、八幡の彼女かしら?」• ていうか付き合ってるとわかった瞬間から怒り狂うぞ」 小町「うえ~…身内に変な人居るって思われたくないからシスコンもほどほどにしてよね」 小雪「そうなる事が皆わかっていたから付き合ってることも隠してて結婚も式の日取りとかお爺ちゃんとお父さん以外で決めて事後報告したとか…」 八幡「あいつ次会ったらブン殴ってやる」 小町「お兄ちゃん人の事言えないじゃん。

もっと

比企谷八幡×由比ヶ浜結衣
八幡「由比ヶ浜と付き合う…のか?」

女風呂を覗こうと画策してたのかしら?」 八幡「そんなわけねーだろ」 結衣「ヒッキー、マジ変態!」 八幡「いや、だから違うから…」 小町(お兄ちゃん、普通に話してる…。

もっと