シマノ 新 製品 リール。 【2020シマノ新製品リール】田辺哲男の新・釣れるベイトリール『カルカッタ コンクエストDC100・DC100HG』!!

【2020年シマノ新製品情報】スピニングリール「20 ツインパワー(TWINPOWER)」

良くも悪くも従来の600番はタッチドライブの操作性が云われてきました。 またモデルチェンジではありませんが、海外で発売されている「SLX DC」が、追加モデルとして日本の製品ラインナップに加わる可能性も高そうです。 しかも16ヴァンキッシュと変わらず、以下の特徴を引き継いでいます。 現行モデルがリリースされたのが2016年ですから、すでに丸4年の月日が過ぎています。 [熱砂 投式三型] 自重:25g・30g 投式シリーズの新モデル。 長く釣りで使いたい大切な1台を探しているなら、20メタニウムをぜひ手にしてみてください。

もっと

飛ぶ! バックラッシュしない!! そして超ハイコスパ!!! 『SLX DC(シマノ)』のお陰で憧れのDCが身近になった。

1000番台 145g• 僕の個人的意見だと18ステラより14ステラの方がカッコイイと思ってしまいましたから。 ベイトリール スティーズ CT SV TW スティーズ CT SV TWは、ダイワのハイエンドモデル・スティーズシリーズから発売されたベイトリール。 淡水専用のスティーズ AIR TWとは違い、海水にも対応しているので、バスだけでなくアジングやメバリング、チニングにおけるベイトフィネスにも使えます。 138• カルカッタコンクエストDCは2019年に200番台が発売され、これまでもその翌年に100番台が発売されてきた流れ、さらには公式サイトで掲載がなくなっていること、メタニウムDCは発売が2015年で、一世代前のブレーキシステムとS3Dスプール搭載なので、そろそろモデルチェンジだろうとの理由からです。 ちなみに大阪はとこれまで通り。

もっと

【2020年シマノ新製品リール】NEWツインパワーは大幅軽量化で高い剛性を狙ってきた……!

09アルデバランMg• 15ストラデックを持っているので、買い替えようとは思っていませんが、さらに剛性感が上がり、軽量化されたストラデックが発売される可能性は高いです。 もし区切りよく2020年の発売になるとちょっとショックですね。 これにより、ステラ同等キャスト性能を得て、飛距離アップを実現。 ギアが重くなった分、各パーツの徹底した軽量化が図られていて、そこにはシマノ開発陣の本気が垣間見えます。

もっと

【2020シマノ新製品リール】田辺哲男の新・釣れるベイトリール『カルカッタ コンクエストDC100・DC100HG』!!

独自の精密冷間鍛造技術により、十分な耐久性を確保してきたHAGANEギアを、NEW STELLAではさらに進化。 しかし毎年何が発売されるか楽しみですね!. 来年のツインパワーSWはステラSWとほぼ同じ仕様で出るかと思います。 19ルビアスはかなり高い確立で発売されるだろうと思います。 20メタニウムDC 20ツインパワーと一緒に発売されそうなので20ツインパワーSWです。 僕は13メタニウムと15メタニウムDCを所有していますが、時期的に見ても、どちらかは発売されると思います。 ラインナップは8000~20000番までの全9モデル。 現行モデルには質実剛健のイメージが強烈に纏っていますから、それを拡大した200番モデル、すなわち太いラインが使えるビッグベイト専用モデルがリリースされるのではないでしょうか。

もっと

【2020シマノ新製品リール】最先端テクノロジー全部載せ! バーサタイル・ベイトリールの極点『NEWメタニウム』

毎年3月、7月あたりに各メーカーから新製品が発売されます。 ラインキャパは、8ポンドラインを45メートル巻けますから、細目のPEラインに切り換えればじゅうぶんな量を確保できます。 「ロングキャスト-ABS」「エアローター」「マグシールド」といった基本機能に加え、超軽量な「ハイグリップI型フィネスノブ」を小型スピニングリールで初搭載。 2020年のツインパワーは質実剛健の理念のもと、金属ローターを搭載しています。

もっと