生物 と 無生物 の あいだ。 『生物と無生物のあいだ』(福岡 伸一):講談社現代新書|講談社BOOK倶楽部

福岡伸一のおすすめ本5選!ベストセラー『生物と無生物のあいだ』の著者

生命と呼ぶにはあまりに幾何学的・無機的すぎるし、どちらかというと機械に近いと述べられている。

もっと

『生物と無生物のあいだ』と終わらない認識の旅(福岡 伸一)

生命のありようを「海辺の砂の城」にたとえながら解説。 この本を読むまで、その名前も知らなかったけれど、とても心動かされるエピソードだった。 しかしそれは誤りだった。 (P210) この意見に反対する人はおるまい。

もっと

生物と無生物のあいだ (2)|ユキノ@研究者|note

最新のアイボは表情の動きが細やかだったり、仕草がなめらかでかなりリアルであったりと、さすがの技術進歩を感じるところが大きい。 私は膵臓 すいぞう のある部品に興味を持っていた。 記事 感染拡大する 「法が鋭敏すぎて生まれる問題」 メディアに現れる生物科学用語をのが毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。 むしろ、「遺伝子はタンパク質だ」、という思考が、ひらめきや直感によってもたらされたものであり、そのもっともらしく魅力的な直感をも押さえ込む圧倒的な研究の質感、自分で体験、経験したそのリアリティが重要なのだと。 アーカイブ• 無常な世界は動的平衡によって成り立っている この本を読んで、一番の収穫は、「生命が動的平衡によって成り立っている」という事実です。 大腸菌の力を借りことなく、ごちゃ混ぜのDNAの中から、任意の遺伝子を試験管の中で自由自在に複製することを可能にした。

もっと

生物と無生物のあいだ (2)|ユキノ@研究者|note

はと遺伝子上、極めてよく似ている。 一方で、どんどん単純な生物へと視線をズラしていくと、「これは生物なのか??」という気持ちが表れてくる。 個々の事物に生物、無生物の本質が宿るのではなく、「我々は」何に生命を「感じるか」という問いだからだ。 私たちが食べた分子は、瞬く間に全身に散らばり、一時、緩くそこにとどまり、次の瞬間には身体から抜け出て行くことを証明した。 DNA試料をここまで純化して、これをR型菌に与えると、確実にS型菌が現れる。 このような悲しい出来事が起きてしまう原因は、政府、メディア、検査を拡大しようとしている医師会や学者、誰もが本当のことを言わないからです。

もっと