優生 保護 法 裁判。 旧優生保護法は「極めて非人道的」と違憲判断、強制不妊巡る賠償請求は棄却…大阪地裁 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

旧優生保護法を問う:強制不妊訴訟仙台地裁判決 救済遅れの責任問わず

会場:東京大学駒場キャンパス「18号館ホール」(井の頭線「駒場東大前駅」)• 「障害を理由に、子供を産めなくすることを国が許してきた。 そして、優生保護法の外でも、その被害を受けている人がいる。 判決によると、原告のうち知的障害のある女性(77)は1965年頃、不妊手術を受けた。 旧優生保護法に基づく不妊手術をめぐり、大阪の夫婦らが国に損害賠償を求めた裁判で、大阪地裁は30日、優生保護法は憲法違反だったと認めつつ、請求は棄却しました。 原告が権利行使できない特別な事情があったと認めているのだから、原告を救済する方向で考える余地もあったかもしれない」と指摘する。 脳性麻痺の被害者で、不妊手術を勧められた人は多い。

もっと

『私も不妊手術を受けさせられました~優生保護法の外で~』優生保護法による人権侵害と裁判

そのため、アメリカやドイツなどでも団手法が定められるなどして、個人の決定なしに中絶や避妊を合法化するといった法律が定められた。 強制不妊、国賠請求棄却 「旧優生保護法は違憲」:時事ドットコム 時事通信• その後、生理がないことを尋ねた母に「子供はつくらないほうがいい」と言われ、不妊手術をされたことを知ったという。 旧優生保護法を非人道的な法律と断じて憲法違反と認めているのに、賠償請求できる期間の安定を優先していて、強い憤りを感じざるを得ない」と話しました。

もっと

旧優生保護法判決

このなかで、70代の妻は手話通訳者を介して「不妊手術を受けた痛さや悔しさ、子どもをつくることができなかった寂しさは今も消えることがなく、『20年が過ぎたから』という理由で訴えが認められないのは納得できない。 これに対し、原告側は「甚大な人権侵害が時の経過によって免責されてはならない」と指摘。 遺伝性疾患や精神・知的障害などがある人に対する不妊手術や人工妊娠中絶を認め、本人の同意が不要な強制手術も定められた。 厚生労働省は「国の主張が認められたと受け止めている。

もっと

旧優生保護法裁判を傍聴して~千葉絵里菜取材記

48~96年まで全国で約2万5000人に不妊手術が行われた。

もっと