グルコース 6 リン 酸。 解糖

【日本一優しい!?】解糖系について簡単に解説してみた!

11 の触媒反応によって2-ホスホグリセリン酸のC2位とC3位からH 2Oが可逆的に脱離され、 ホスホエノールピルビン酸 phosphoenolpyruvate、 PEP に変換される。 エノール型のピルビン酸は互変異性によりひとりでにピルビン酸になる。 嫌気的条件では、乳酸やエタノールの生成が最終段階となり,1分子のグルコースから 2分子のATPがつくられる。 この反応を進める酵素は ホスホグリセリン酸キナーゼという酵素です。

もっと

糖新生の経路

肝臓に存在するグリコーゲンが分解された場合、主にグルコースが産生されて 血糖値の維持に関わる。 そう言う意味で、脂肪酸のエネルギーは、肝臓での糖新生に必要です。 解糖過程とは異なり、好気的過程である。 共に嫌気性)が使用するEM経路に類似する代謝系である。

もっと

解糖系

:乳酸は、ピルビン酸からの作用により、生成されます。 この反応では1分子のが消費される。 ジヒドロキシアセトンリン酸から変換されてできたグリセルアルデヒド 3-リン酸の炭素1, 2, 3はグルコースの3, 2, 1位の炭素に由来し、一方の段階4で生成したほうの炭素1, 2, 3はグルコースの4, 5, 6位の炭素に由来する。

もっと

・グルコース→グルコース6-リン酸

リン酸化により電荷が導入されるので、G6Pは容易にを通過することができない。 D-ガラクトースはさまざまな反応を経て段階1の供給に利用される。 絶食時には、アミノ酸(アラニン、アスパラギン酸等)、乳酸、グリセロールが、糖新生の炭素源になる。 グリコーゲン合成で重要な酵素は「 グリコーゲンシンターゼ」である。

もっと

解糖系

解糖系とは? 解糖系とは 1分子のグルコースが2分子のピルビン酸に生成される代謝過程を言います。

もっと