沖縄 タイムス ニュース。 沖縄のデニー知事、「GoTo」判断見送り 会見全文【動画】

不正受給をした沖縄タイムス社員の素顔「予想ソフト」の販売も?

社内の聞き取り調査では、申請書の職業欄に「フリマ雑貨」と虚偽の記載をし、給付金以外にも緊急小口資金20万円と総合支援資金60万円を不正に借り入れていたと明かした。 紆余(うよ)曲折を経て、八重山日報は2017年4月、「公平公正な報道」を旗印に本島進出を果たすことになるが、覚悟した通り、薄氷を踏む思いの日々が始まることになった。 紹介料は受け取っていないものの、「直接紹介した人たちに給付金の半額くらいを投資してほしいと促した。

もっと

沖縄タイムスコロナ

逮捕前の段階で、「男」と呼称しているところに、沖縄タイムスはこの税理士の逮捕も近いと踏んでいたことがうかがえる。 地元の主要メディアでは、琉球朝日放送(テレビ朝日系)、琉球放送(TBS系)が実名。 牧志容疑者は、代表を務める投資グループのメンバー26人にも不正受給の手口を指南し、「そこから(直接声掛けしていない人も含め)全体で130~150人くらいに広がっているかもしれない」と話している。 沖縄県の風俗店勤務の男性は「申請した方がいいぜ、みたいな話が若い人に広がっている」、飲食店の男性従業員は「業界ではいっぱい聞く話で、手数料50万円でどうかともちかけられた」という。 久米島で初のコロナ感染者 20代の男性 町は「不要な外出は控えて」 沖縄タイムス• 「沖縄タイムス、琉球新報に対抗する『第三の新聞』が必要だ」「沖縄本島でも八重山日報を出してほしい」「沖縄の閉塞(へいそく)した言論空間に風穴を開けるべきだ」-。 「インターネット上では、一度掲載すると情報が広がって長く掲載され、すべてを消すことは困難です。

もっと

沖縄のデニー知事、「GoTo」判断見送り 会見全文【動画】

この制度に目をつけた野田夫妻は6月から7月にかけて元社員とその投資関連の知人である男女2人に対し個人事業主を装わせる虚偽の申請方法を指南。

もっと

虚偽の申請を指南か 不正受給で逮捕の夫婦 タイムス元社員と共謀 沖縄 ニュース|OTV 沖縄テレビ放送

逮捕された社員の不穏な素顔とは Mの本名でネット検索すると、「R合同会社」なる企業のサイトがヒットする。 さらに、エッセンシャルワーカーのうち、まず介護施設職員と医療従事者を対象に、戦略的なPCR検査を実施することについて、11月定例議会に補正予算を上程することとしております。 報道の真実性や訴求力を高めて公共の利益に資するためであり、被害者がかけがえのない存在であることを示す意味もあります」などと事件・事故の被害者を実名で報じる意義を述べていた。 新聞などを読んでいればわかるはずで、わかっていて受給した人間も悪い」 外部サイト. そのため、県としては引き続き、県民や事業者に対する啓発を呼びかけてまいります。 こうした手口については、拙著「ルポ新型コロナ詐欺」の中でも詳報しているとおり、マルチ商法を手掛ける複数のグループで用いられている常套手段である。

もっと

【偏向する沖縄】「沖縄タイムス」「琉球新報」が君臨する沖縄本島に殴り込んだ「第三の新聞」(1/3ページ)

沈んだ声に聞こえたかと思う。 ただ、不正受給した人がだまされたとは、僕は思わない。 軽い気持ちで不正に応じてしまう」、税理士の佐藤正明さんは「通帳や申告書、決算書をそろえればネット上ですむ」と、申請簡素化の危険を指摘する。 (その見返りとして)仮想通貨の配当で100万円以上の利益を得た」 沖縄タイムス社は、総務局付課長だった牧志容疑者を10月8日付で懲戒解雇処分とした。 また警察は元社員の知人2人について詐欺の疑いで書類送検する方針だ。

もっと