なんて 読む 漢字。 「泡銭」ってなんて読む…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

《難読漢字》「疎い」ってなんて読む…?意外と読めない漢字4選

よく「足がすくむ」などと言うことがありますよね。 「鑑みる」という言葉は、もともとは「かがみる」と読まれており、漢字も「鑑る」と書かれていました。 どこかで見たような、でも覚えてない! 手書きで書いて、上に表示される候補の中から該当するものを押します。 たとえば「山田たろう」の下の名前を知らないときに、「山田なにがし」というように使われます。 聞いたことはありましたよね!「実しやか」は「内心を繕って本当のことかのように話したり、その態度のこと」を意味しています。

もっと

難読漢字 野菜・魚・植物・動物・果物・国名|なんて読む?むずかしい漢字一覧

「泡銭」の正しい読み方は「あぶくぜに」でした!どうですか?聞いたことありますよね。 別の場所で使おうと思ったら、このままこの漢字をコピーできるのですね。

もっと

《難読漢字》「疎い」ってなんて読む…?意外と読めない漢字4選

「熱り立つ」ってどう読むの? 「熱り立つ」という漢字、何と読むか分かりますか?「あつりたつ」と読んだ方、違います…!これは「いきりたつ」と読み、「激しく興奮しながら怒っている様子」を意味していますよ。 これを機会に今回紹介した漢字を覚えておけば、あなたも周りの人から「カッコいい」と尊敬されちゃうかも。 例えばこんなに汚い字で、こんなに画数の多い字を書いたとしても…この通り! 【詳細】を押してみます。 (1)「鑑みる」 「鑑定(かんてい)」という言葉などで目にする「鑑」を使った言葉で、「鑑みる」というものがあります。 たとえば、「どこのコーヒー豆が好きか?」と聞かれても知識がない場合には、「コーヒー豆には疎い(うとい)からわからない」という風に使うことができます。 。 これは意外と生活の中でも使う言葉なので、漢字で書けるようにしておくといいかもしれませんよ。

もっと

難読漢字 野菜・魚・植物・動物・果物・国名|なんて読む?むずかしい漢字一覧

これ誰さん? 何て読むの? そんな時はスマホの画面に直接手書きします。 「泡銭」ってなんて読むの? 「泡銭」という漢字、何て読むか分かりましたか?冒頭でも紹介した通り、「あわぜに」ではありません。 この漢字の読み方はみなさんもきっと一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 。

もっと

この漢字わからない!何て読むの? という時は手書きがあります

【ペースト】を押します。 でも「そういう漢字はないらしい」と分かっただけでもよかったようです。

もっと

【手書き漢字認識辞書】「あの漢字なんて読むの?」読めない漢字を簡単に探せる★手書きで漢字の読み方を検索!!アナタも今日から漢字マスター☆

実は先日私がスマホを使っていたら、その人に「この漢字わかる? そういうのが調べられるんだったらスマホにしようかと思うんだけど」 と言われ、これをお見せしたわけです。 「些とも」ってどう読むの? 「些とも」という漢字、何と読むか分かりますか?この漢字も会話の中でよく使われている言葉ですよ…!なんだか分かりましたか?正解は「ちっとも」でした。 この言葉は好意に対して感謝を述べるときに使う言葉ですよね。 コピーした漢字を使いたい場所を少し長めに押して指を離します。 (2)「凡そ」 「ぼんそ」と間違って読まれてしまいがちな「凡そ」という漢字は、ビジネスシーンでも間違われることで有名な難読漢字なので、これは覚えておきたいところです。 著書一覧. 趣味はスマホ写真撮影、旅行、カラオケ、片付け、ガーデニングなど。

もっと

「泡銭」ってなんて読む…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

「小魚」ってなんて読む? 「小魚」の正しい読み方は「いさな」です。 反対に大きな魚を指す場合は、「大魚(たいぎょ)」という漢字が使われます。 「実しやか」という漢字、何と読むか分かりますか?実はこれ、多くの人が読めそうで読めない漢字なんです。 実際にはないと思いますが(笑)。

もっと

「小魚」ってなんて読む?読めたらかっこいい《難読漢字》4選

じゃあ、これは何て読むの? サンズイに里。 名簿を見ていて・・・え~何て読むんだろう?? 人の名前だから間違えられないし。 和風なものが大好き。 シニア世代のためのスマホ・パソコン活用アドバイザーとして、スマホを便利に、楽しく、賢く使う方法を日々ご紹介。

もっと

「小魚」ってなんて読む?読めたらかっこいい《難読漢字》4選

「恰も」とは「まるで」「ちょうど」「さながら」などの言葉を意味していますよね。

もっと